So-net無料ブログ作成
検索選択
読書のページ ブログトップ

今月の本 [読書のページ]

やっぱり本を読みます[本]

時間があると 本読んでます^^

特に今は寒い[雪]ので どっか行く・・・のはいややなので~
本読んでます(〃^∇^)o彡☆あはは

今月は

久しぶりに石持浅海「ガーディアン

  ガーディアン.jpg

一気に読んでしまいました~
石持浅海って人 不思議な人だな~と思いました(;´▽`A``

今までも何冊か読んでるけど 
いつも いろいろ違うので・・・ 不思議やなぁ~と
最後にそう思ってしまいます。

どんな不思議か知りたい人は
ここにあるので ぜひ 読んでみてください(●^o^●)

それから 三島由紀夫の「春の海」[かわいい]
これは 『新春』だから選んだのかな(;´▽`A``
でも なかなかいい作品でした~って当然っか~
日本語が美しかったです[るんるん]
久しぶりの文学小説でした

 春の海.jpg
これは 「豊穣の海」というテーマとして続きがあるようなので
引き続き読みたいと思っています(*^^)v

それから
「きょうの料理 ビギナーズ」というのも買いました(*^^)v

 しょうがエキス.jpg
今流行ってる 『しょうがレシピ』が 
[目]にとまって[ぴかぴか(新しい)]

ということで 今 しょうがバリエーション^^
自己流で流行らせてます[るんるん] わたしんちで(;´▽`A``~

それから それから 
ひそかに[揺れるハート]前から ほっしいな~と思ってた
「絵本からうまれたおいしいレシピ」も買っちゃいました[exclamation×2]

  絵本のレシピ.jpg

あの『ぐりとぐら』がつくった~~~ケーキ
食べた~~くないですか~~~~[わーい(嬉しい顔)]

  ぐりとぐら.jpg

作りたいけど・・ どちからというと
(いえ はっきりいうと ) ケーキ作りできるタイプちゃうんですよね~
[たらーっ(汗)]だけど 食べたいし

  絵本のレシピ2.jpg
で 作れないので そういう本を見つめられる幸せ[揺れるハート] 
そういう時間 ホント大好きハ―。゚+.ヽ(´∀`*)ノ ゚+.゚―ィ☆

だれか 作ってくれへんかなぁ~~~(〃^∇^)o彡☆あはは

そして来月に向けて
山崎豊子の『運命の人』を読み始めました~ [exclamation×2]
こちらは かなりの長編そうなので
ゆっくりじっくり読もうと思います~

って 三島由紀夫の「豊穣の海」も
読みたいし~ がんばろっと
さぁ 冬はゆっくり 読書日和~
あ 今夜の三田は[雪][雪]氷点下7度になるらしいです[ふらふら]
あぁ さむ!!やっぱり ホットしょうががいいよ(*^^)v


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

~ 雷桜 ~ [読書のページ]

もう10月も終わりに(;´▽`A‘‘(;´▽`A‘‘

今年は暑い日が続きすぎて
まだ 秋気分にならないまま・・なんど10月が終わりかけ(;´▽`A‘‘

いっぱいアップしたいことがあるのですが
今感じたこと順に アップしていこうと
思います~ 

ので 時系列ではないので
前もってあしからず(;´▽`A‘‘・・・

で この『雷桜』ですが
ご存じでしたか?

 雷桜.jpg  

映画も上映されているそうですね☆^∇゜)

時代小説なんだけど恋愛小説?^^みたいな~
岡田将生と蒼井優主演だそうです~

映画を見るよりまずは これを読んでみてください~

日本版「ロメオとジュリエット」・・・って映画の宣伝には
なってたけど ちょっと・・(;´▽`A‘‘どうかなって思うけど。
 
なかなかいい小説だと思います(*^^)v

なんだか うるうる[たらーっ(汗)]してしまうような小説でした・・

この小説に出会ったのは
ソネットブログの

http://arabesque.blog.so-net.ne.jp/2010-09-05#comments

アラベスクさんの紹介を読んで
読みたい!と思ったからなんです♪

文庫ですが 読みたい方いたら
ご連絡ください~どうぞ!

映画・・見にいこうかどうか・・
悩み中(;´▽`A‘‘~
映画見た人がいたらコメントお願いしま~す(*^^)v

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

この冬の 読書は~ [読書のページ]

本を読みすぎ?かもと
思うほど

ちょっと読書してます~

 書籍.jpg

きのう読み終わったのは
あの村上春樹の「ノルウェーの森」(上下)

村上春樹氏は今年のベストセラー作家でしたよね~

今まで なぜか 手に取らなかった作家だったんだけど

思いのほかよかったので
虜になりそ~

(;´▽`A‘‘

太宰治にもはまり、
村上春樹も

そして

春田一也の「上海クライシス」(上下)も
その前に 手嶋龍一のインテリジェンス小説にハマってた(;´▽`A‘‘

「永遠の仔」の天童荒太もハマりそうだったけど
なぜか 続きでは読んでないけど・・

隆慶一郎の「影武者徳川家康」(上中下)も
読んでしまった!
これは 新聞の紹介コーナーに載っていたのを
思い出して買ってみた・・

「徳川家康」といえば山岡荘八の文庫26巻も
読んでいたから。。。。どうしようかな~と
思ったけど
読んでしまった~!!

息子になかなかおもしろかったのですすめてみたら~

息子から マンガ「影武者徳川家康」を
紹介してもらった(;´▽`A‘‘

 影武者.jpg

なんか 本を読んだ後だったので
おもわず 影武者家康はこんなんやったんだぁ~なんて
思ってしまって ちょっとおもしろかった^^

新堂冬樹「カリスマ」(上中下)も読んでみたけど
数年前の新興宗教の事件を思い出した・・・

この本を先に読んでいたら
あんな事件に巻き込まれる人は
減っていたかも

読みあさってるかのよう・・・

寒い日は一日 読書がいいね[喫茶店]

なんか とりとめもなく
本を手当たり次第に読んでます^^

でも そんな時のながれが
好きかも[るんるん]

本屋さん 好きだもんね~やっぱり(*^^)v

今週は 三宮のジュンク堂や
イオンモールの喜久屋書店
ひそかに ひつじ書房とかに
通ってるかのようです(;´▽`A‘‘


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「ヴィヨンの妻」読んでまぁ~す♪ [読書のページ]

久しぶりに映画が見たくなった~

急いで 本屋さんにいって
太宰治の「ヴィヨンの妻」を買って読んでる~~(;´▽`A``

 047.jpg

なぜか小説から映画化されたものを
見るときって 小説を読んでからでないと
映画見れない(;´▽`A``

大学のころも
「お吟さま」っていう千利休の娘の物語の映画を
見るために 一晩で読み終えてから
映画を見た~^_^;

 

山崎豊子の「沈まぬ太陽」は
(「不毛地帯」も読んだけど(;´▽`A``)
すでに読んだことがあるから
これなら すぐに見れるかも・・・って

なんのこだわりなんだろ(;´▽`A``

秋が深まると
映画見たり~読書したり~
秋もいいですね^^

そだ!!

もうすぐひとはくフェスティバルですよ^^
11月1日(日) 
兵庫県立人と自然の博物館にて
開催~~~

run♪run♪plazaも今年もがんばります!!
またこの話題はのちほど^^


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

文藝春秋 特別号 [読書のページ]

ホント 久しぶりに
文藝春秋なんて
買っちゃいましたぁ~~~


本買うと
買っただけで
なんか・・・ 納得してしまうことが
あって 読むの忘れちゃって・・みたいな(;´▽`A``

今回も
忘れてたわけじゃないけど
なかなか
ゆっくり本読めなかったんです。

今夜 ちょっと読んでみました~

読みたかったのは
今 ちょっと はまってる手島龍一と
塩野七生の対談だったんだけど

それより前の章で
「母校で詩を教える    佐野元春」の
お話がちょっとよかった^^  ↑ロックアーティストの~

『詩はただ活字として紙の中に収まっているものではないし、
観念的な部分で終始するものでもない。
詩は一秒一秒変容しながら相手に伝わり、
動いて働いていく。また、詩を書くことで、
自分が考えていることを知り、自分を癒すことができ、
さらには他者にむけて「共感」をとりつけることもできる」と
いってます。

なるほどぉ~
自分の考えてることを知り、
自分を癒すこともできて、
他者と共感しあえる・・んかぁ~~

詩を書く・・・・ということだけでなく
なにごとも 一度文章に書き表すというのは
そうかもしれないなぁ~

手紙や日記・・・
感想文や このブログとかも~~[ペン]

また
『詩や音楽詩は、書いたその場では完結せず、
それに触れた人が価値を見いだしてくれたときはじめて輝き、
価値を帯びる』

そう それも「詩や音楽詩」に限らないなぁ~と
思いました。
いろいろなコミュニケーション
経験も 触れた人が 価値を
見出してくれたときにはじめて輝くよね~[るんるん]

そういう意味でいい出会い
(人や作品・経験とか~)が

必要だなぁ~と
つくづく思ったのでした~^^[揺れるハート]

久しぶりの文藝春秋は
ちょっといい刺激になったかも(;´▽`A``

手島龍一の作品は
今まで読んでたものと
ちょっと 違うけど・・・
それが新鮮です~
今 はまってます(;´▽`A``

ウルトラ・ダラー (新潮文庫 て 1-5)

ウルトラ・ダラー (新潮文庫 て 1-5)

 


外交敗戦―130億ドルは砂に消えた (新潮文庫)

外交敗戦―130億ドルは砂に消えた (新潮文庫)

  • 作者: 手嶋 龍一
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2006/06
  • メディア: 文庫

 

 

対談の内容は 文庫で読んだ内容の

補足みたいな感じで まぁまぁ・・・(;´▽`A``

 


 
 
 
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

まだ ひみつ [読書のページ]

この前 買い損なったっていってた

S・ブラウンの「指先で語らせないで」下巻

買えました!!

 

でも・・

ちょっとここでも

反省・・・

実は本屋さんで 手当たり次第・・ってこともないけど

よさそうな文庫を適当に買いあさってるんですけど・・

今回は

粱石日(ヤン・ソギル)の「雷鳴」なんですけど・・・

実はこの前にもこの本かってましたぁ~~~

つまり

我が家に 「雷鳴」が

2冊・・・あるってことです(;´▽`A``

 

全く思い出さなかったのでしょうか・・ね???

 

 

異邦人の夜〈上〉

異邦人の夜〈上〉

これは上下巻 ちゃんと

読めた!!

すごかったぁ~~

というのが精一杯(;´▽`A``

で 同じ作家の作品を

読みたくなった・・^^

 

でも2冊はなぁ・・・

どうしよ・・

まだうちの中ではだれにもばれていないうちに

それなりに

対処しなくっちゃ・・・

う・・・ん・・・ どしよう・・・

♪(^∇^*)*^∇^)  (;´▽`A``♪


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この作家知ってる?? [読書のページ]

ちょっとこのところ

はまってる?作家が

『石持浅海  いしもちあさみ』

1966年生まれだって~

 

ついこの前 知りました!!

「月の扉」 という作品に

タイトルに惹かれて買っちゃいました~~

月の扉

月の扉

 

 

感想ですか・・・う~ん 微妙(;´▽`A``

展開いいんだけど

最後が・・・微妙♪(^∇^*)*^∇^) あはっ♪

 

でも次「アイルランドの薔薇」も・・・

買っちゃって^^

一気に読んじゃった!

アイルランドの薔薇

アイルランドの薔薇

  • 作者: 石持 浅海
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2004/09/10
  • メディア: 文庫

 

今回は「水の迷宮」っていう

これまたタイトルで買ってしまった!!

水の迷宮

水の迷宮

  • 作者: 石持 浅海
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2007/05/10
  • メディア: 文庫

 

 

でもこれはまだ 読み終わってないんだけどぉ~

舞台がなんと水族館なんですよ・・・

 

ちょっと博物館とかの裏側を見た?ことのある人にとっては

あぁ~~ こんな風景わかるわぁ~みたいな(;´▽`A``

 

最後はどうなるんだか

全然わからないんだけど

ちょっと本を選ぶのに「なにかいいのかないかなぁ~」って

迷うときは

どうですか?

一度 彼女・・・と思ったら

なんと!!彼やったわぁ~~

(ホンマ 全然知らんかったぁ~~~!!)

というわけで 彼の本読んでみませんか??

ちなみに・・石持 浅海氏

食品会社の社員やって・・・ということが

Wikipediaで調べたら 掲載されてた!!

これもまたびっくり^^

 

世の中知らないことが

まだまだいっぱい!!(;´▽`A``

 

近ごろの・・・私のちょっと本を買うときの反省点・・・

文庫は1冊で読み終えるほうが・・いいかも

この本を読む前に実は・・S・ブラウンの上下巻の本の上だけ買って・・

下巻を買い損ねているのです・・・

あかんなぁ・・・ 

♪(^∇^*)*^∇^) あはっ♪

 

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
読書のページ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。